ウィッグの種類はたくさん

MENU

ウィッグの種類はたくさん

カラーリングしていても髪の毛がサラサラでキレイな人っていいですよね!

 

「やっぱりお金と時間をかけてお手入れしている人は違うのかなぁ〜」なんて思っていたら、けっこうみんなウィッグやフルウィッグを使ってうまく演出してるって知ってました??

 

えっ!ズルい!なんて思わずに、是非自分でも挑戦してみましょう。

 

金髪やピンク系、パープル系に髪を染めると、髪の毛にすごく負担がかかってしまうので、よっぽど丁寧にケアしてもボロボロになってしまいます。

 

でもウィッグだったらそんな心配もゼロ。

 

髪の毛の長さや色を変えることで、顔全体のイメージがガラっと変わることはみんなもう知っていますよね。新しい自分を発見すれば、おしゃれが何十倍も楽しくなること間違いなしです!

 

ウィッグにも種類がたくさん。まずは一通り覚えておくと、使い分けする時に便利ですよ。

 

フルウィッグ

やはりイメージを大胆に変えるならフルウィッグがおすすめです。

 

頭に全体的にスポッとかぶる方式なのがフルウィッグで、自分の髪の毛は一切いじらずに済むので、アッと言う間に元通りにも出来ます。

 

自分の髪の毛の質がやりたいヘアスタイルのイメージに合わない人や、規則などでカラーリングが出来ない人にもピッタリで、気軽に雰囲気を変えることが出来るのでとても便利です。

 

エクステンション

今ある自分の髪の毛に装着して使うつけ毛です。自分の髪の毛の長さや質によっては、なかなかうまく付けにくかったり、自分で付けると途中で取れてしまったりするので、ちゃんと何ヶ月も持たせたいなら美容室で付けてもらったほうが良いでしょう。

 

プロにつけてもらうと2ヶ月か3ヶ月くらいはちゃんと持ちますし、髪の毛を普通に洗っても大丈夫。でもすぐに付けたり外したりは出来ないですし、自分の髪の毛に負担もかかります。

 

ヘアピース

エクステンションほど専門的ではなく、アクセサリー感覚で付けられる部分ウィッグをヘアピースと言います。一部分だけカラーを変えたいと思っていたり、全体にウィッグをかぶるのはちょっと嫌だという人におすすめで、バレッタやシュシュ付きのものを買えばワンタッチで付けたり外したり出来る優れものです。

 

部分ウィッグ

ヘアピースとはちょっと違って、どちらかと言うと髪の毛の薄くなった部分にボリュームを足すタイプのものです。

 

医療用ウィッグ

病気の治療中などに使うための専門のウィッグです。